ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆グリーン・ゾーン/GREEN ZONE 79点

3513.jpg
2010年5月14日公開 公式HP (US公式HP

監督: ポール・グリーングラス

脚本: ブライアン・ヘルゲランド

出演: マット・デイモン ( ロイ・ミラー)
   グレッグ・キニア (国防総省のクラーク・パウンドストーン)
   ブレンダン・グリーソン (CIA調査官のブラウン)
   エイミー・ライアン (ローリー・デイン)
   ジェリー・デラ=サラ (SFC ウィルキンス)
   Igal Naor  (アル・ラウィ)


”114分間、あなたは最前線へ送り込まれる。”

グリーンゾーンとは、死と隣り合わせの危険地帯に囲まれた、一触即発の「安全地帯」、かつて連合国暫定当局があったバグダード市内10km²にわたるエリア。

ノンフィクション作品『インペリアル・ライフ・イン・ザ・エメラルド・シティ(2006)』ラジャフ・チャンドラセカラン著書がもとになっています。


■story:ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、探せども探せども、兵器の痕跡すら発見できない。
大量破壊兵器に関する情報の正確性に不信を抱いたミラーは、作戦会議の席で情報源についての説明を求めるが、「情報は精査されている。黙って従いたまえ」と上官に一蹴されてしまう。更に、激しい銃撃戦の末に拘束した、大量破壊兵器発見の糸口と思われた重要参考人さえも、国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)の手によって、力づくで奪われてしまう。
国防総省の動きを不審に思ったミラーは、同じ疑念を抱いていたCIAのブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘し、部隊を離れ単独で調査を開始する。飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜け、パウンドストーンに極秘情報を提供している正体不明の大物キーマン"マゼラン"を追う。果たして、大量破壊兵器の行方は?そして、執拗な妨害工作を仕掛けるパウンドストーンの思惑とは?
謎の核心に迫った彼が探り当てたのは、世界中に激震が走る衝撃的な"真実"だった…。



日本版公式HPが立ち上がってすぐこの作品に注目していたrobanosocksですが、まさか、東宝東和のスニークレビューで招待された作品がこの作品だとは思っていなくて、思わず拍手・・っと言う感じでした♪



相変わらずポール・グリーングラス監督のハンディカメラ撮影は健在で、まるでその場にいるかのような、見ていて目が回るほどの緊迫感に終始ついていくのが精いっぱいという感じで、否応なくその戦場に引きずり込まれる感じがする。そのせいもあってか、観ているときに「ユナイテット93」の映像を彷彿させるものがあります・・・


ただ、緊迫した早口のセリフを翻訳した字幕を逃さないように読みながら、映像を観なくてはいけないのがちょっと大変だったけど(苦笑)

この映画には他の戦争映画のようなドカンドカンとした派手な爆撃シーンはむしろ少なくて、最前線の生身の人間同士の銃撃シーンが中心で、余分なドラマ性が極力省かれて描かれているので、まるでドキュメンタリー映画の様相を呈しています。

そして、なにかと見慣れなくて同じようにしか見えない中東の俳優さんの長くて覚えにくい名前で、顔と名前が一致しなくて苦労するこの手の中東戦争を扱った映画が多い中、最小限の登場人物と最小限のセリフで、より簡潔にわかりやすい作りになっていた気がします。

また、この作品に込めるメッセージが、大変シンプルで、それでいて的を得た一行を、ある意外な人物の行動と口によって見るものに突きつける瞬間は、ミラーでなくても傍観している我々でさえ一瞬フリーズする。

この作品の中で活躍するヒーローは、正義のために真実を突き止めようとするミラーでなく、自分たち自身で祖国を再建させたいと願う市民の意志なんだと・・・・

そして、衝撃的事実が明らかに・・・・


ポール・グリーングラス監督とマット・デイモンの人気「ボーン」シリーズでのお約束ともいえるラストのパメラ・ランディに送る鳥肌ものの一言が・・・この作品でもニューヨーク・タイムズのローリー・デインに送ったミラーのメールという形で例外なく使われるのです(笑)まぁ、これが好きなんだけどね、私も!(笑)思わず、出た!という感じです(笑)。






robanosocksはtwitterしています♪



人気ブログランキングへ 





ボーン・スプレマシー [DVD]ボーン・スプレマシー [DVD]
(2005/06/24)
マット・デイモンフランカ・ポテンテ

商品詳細を見る


ボーン・アルティメイタム [DVD]ボーン・アルティメイタム [DVD]
(2008/03/07)
マット・デイモンデヴィッド・ストラザーン

商品詳細を見る


ユナイテッド93 [DVD]ユナイテッド93 [DVD]
(2006/11/30)
コリー・ジョンソンタラ・ヒューゴ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」

「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
2010/05/18(火) 05:24:31 | 日々“是”精進!

■一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』

イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
2010/05/18(火) 07:23:45 | 水曜日のシネマ日記

■グリーン・ゾーン

【GREEN ZONE】 2010/05/14公開 アメリカ 114分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックスグリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地...
2010/05/18(火) 10:00:50 | 映画鑑賞★日記・・・

■グリーン・ゾーン

「戦争」なんて,もともと無意味。  
2010/05/18(火) 10:13:02 | Akira's VOICE

■「グリーン・ゾーン」レビュー

映画「グリーン・ゾーン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、他 *監督:ポール・グリーングラス 感想・評価・批評 等、レビュー...
2010/05/18(火) 10:47:46 | 映画レビュー トラックバックセンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。