ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆WALL・E/ウォーリー 80点



2008年12月5日(金)公開

監督・脚本:アンドリュー・スタントン

声の出演:ベンジャミン・バート/エリッサ・ナイト/シガニー・ウィーバー 他

700年間、ひとりぼっち・・・なゴミ処理ロボット。

aste(ゴミ)
Allocation(配置)
Load(積載)
Liftter(運搬機)
Earth-Class(地球型)


ディズニー映画らしい軽快なミュージカル曲にのせて、まったくその愉快な曲調にふさわしくないようなゴミに埋もれて廃墟と化した風景が映し出される冒頭から、たったひとりぼっちで地球に残されてコミカルに細々とゴミを選別してキューブ化していくごみ処理ロボットのウォーリーの映像にひきつけられます。

ダイヤの指輪を見つけて指輪には見向きもせずにそれがおさまっていた指輪のケースを自分の収集ケースにしまったり、ブラジャーをアイマスクにするつもり?でしまったり、壊れて動かなくなった同じごみ処理ロボットの部品を持ち帰ったり、一個一個調べて分別しながら自分の部品を探したり、好みのものをコレクションしていく様子がなんとも几帳面なのが笑えます。

ゴミ置き場で偶然見つけたゴキブリともバッタともちょっと区別がつかない虫をペットにして、古いビデオを繰り返し見て夢見る変化のない日常を送っていたある日、たくましく育っていた唯一の雑草を見つけて大事に取って持って帰って来ていたウォーリーの淡々とした変化のない毎日に突然現れた観たこともない純白の美しいロボット。

700年間もひとりぼっちだったウォーリーに突然降ってきた初恋の物語といえるでしょうね☆

イヴを追って飛び出した宇宙のスペクタクルとその映像の美しさにもうっとりさせられます。

walle2.jpg




シンプルな展開の割には、練りに練ってあるなと思われるディテールは、時には物に溢れた現代の価値観への皮肉とも取れる内容や、このままだとこうなっちゃうよと人類への未来を警告するような深刻な社会問題が面白可笑しく表現されていて、良く考えられているなと感心させられました。

ウォーリーとイーヴァ(ウォーリーがイヴを呼ぶ時の名前)とほとんど名前を呼び合うだけの少ないセリフで説明の要らない動きだけの面白さで魅せてくれる、大人も子供も楽しめるなかなか素晴らしい作品です。

ディズニーとピクサーの良いとこどりの融合が成功している作品かと思います。


人気ブログランキングへ 



ウォーリー [DVD]ウォーリー [DVD]
(2009/04/22)
ディズニー

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。