ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ドラゴン・タトゥーの女 ジャパンプレミア #eiga

ドラゴンタトゥーの女

2012年02月10日(金)公開 ≪評価≫80点
公式HP :http://www.dragontattoo.jp/ 


≪原題:≫ The Girl with the Dragon Tattoo



≪監督≫ デヴィッド・フィンチャー

 「セブン (1995)」「ファイト・クラブ (1999)」「ロード・オブ・ドッグタウン (2005)」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)」「ソーシャル・ネットワーク(2010)」っと、彼の作る作品はどれも独特の世界観を持っていて、大好きな作品が多いです。


≪CAST≫

ダニエル・クレイグ (ミカエル・ブルムクヴィスト)
ルーニー・マーラ (リスベット・サランデル)
クリストファー・プラマー (ヘンリック・ヴァンゲル)
スティーヴン・バーコフ (ディルク・フルーデ)
ステラン・スカルスガルド (マルティン・ヴァンゲル)
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン (ニルス・ビュルマン)
ベンクトゥ・カールソン (ホルゲル・パルムグレン)
ロビン・ライト (エリカ・ベルジェ)
ゴラン・ヴィシュニック (ドラガン・アルマンスキー)
ジェラルディン・ジェームズ (セシリア)
ジョエリー・リチャードソン (アニタ)
インガ・ランドグレー (イザベラ・ヴァンゲル)
ペル・ミルバーリ (ハラルド・ヴァンゲル)
マッツ・アンデション (グンナル・ニルソン)
イーヴァ・フリショフソン (アンナ・ニーグレン)
ドナルド・サンプター (警部補グスタフ・モレル)
エロディ・ユン (ミリアム・ウー)
ヨセフィン・アスプルンド (ペニラ)
エンベス・デイヴィッツ (アニカ)
ウルフ・フリベリ (ハンス=エリック・ヴェンネルストレム)

≪Story≫

経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエルは、資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーのリスベットとともに捜査を進めていくが、その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく。主演は、「007 / 慰めの報酬」でジェームズ・ボンドに大抜擢されたダニエル・クレイグと「ソーシャル・ネットワーク」続フィンチャー作品に出演する、ルーニー・マーラ



≪余談≫

去年の試写会初めは、「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー」で、国際フォーラムだったけど、凍えそうに寒い日でした。寒いから遅めに行って並ばないで早々にチケット交換して、温かいものでも食べてから会場入りしようと思っていたのに、いつもフォーラムのチケット交換方法じゃなくて、交換時間自体遅く始まり、5時ごろ出かけて行ったのに、到着してみたら、あの凍えそうな寒空の中、長蛇の列で、たしか6時ごろまでチケット交換時間を待っていたため、すきっ腹の上に気持ちも凍っていました(苦笑)

今回は、交換時間が早かったため夕方のんびり出かけてきた私は、並ばないで無事交換出来て、早目の夕食をのんびりとる事が出来てハッピーでした。

かなーり久々のフォーラムだったので、お米ミュージアムでご飯を食べようと思っていたら、なくなってました(笑)私って、浦島太郎?

会場に入ったら、レッドカーペットがひかれたステージが出来ていましたが、白いパネルが立ててあるだけで、とっても地味なセットだったので、監督キャストの登壇イベントはないのかな?っと思っていました。開演時間になってMCのDJ五郎がゲストの紹介を始めて、水墨画家・小林東雲が巨大ドラゴンを水墨画で描き始めました。あ~だ~から白いパネルがね!っと納得しながらも、やっぱりこれだけのイベントなんだ~っとちょっぴりがっかりしていたら、小林東雲が描いているドラゴンの水墨画をバックに、今年、辰年の年女であるタレントの菜々緒が映画のヒロイン、リスベットに扮し、ダンスパフォーマンスを見せました。
そのあと、満を持して?デビット・フィンチャー監督と主役のリスベットを演じたルーニー・マーラーが登壇し、インタビューに答えてとっても短いコメントをして、早々にインンタビューが終わり、完成したはずのドラゴンの絵に目が描かれていないのはどうしてですか?とDJ五郎が小林東雲に尋ねると、ドラゴンに目が入ると命が生まれ、絵から飛び出すとの言い伝えがあるとの事で、映画のヒット祈願に目を入れますと言って目を描き入れると、水墨画のドラゴンがカラフルな色彩を帯び、浮かび上がるように躍動的に動き出してとってもびっくりして感動しました。
遠目ながら、初めてフィンチャー監督やルーニー・マーラーを生で観た感動よりも、その場で描いたドラゴンの絵が動き出したのを観た方が感動が大きかった(笑)


≪感想≫

私は原作は読んでいませんが、ストーリーは、オリジナルの「ミニアム ドラゴン・タトゥーの女」の方が本作よりもよりスティーグ・ラーソンの原作に近いと友人は言っていました。
ほぼ同時期にオリジナルと本作を観たので、ストーリがわかっていたので楽しめるかどうか心配でしたが、十分楽しめました。
一番感じたのは、やはりハリウッド版の本作の方が、脚本がすばらしいと思います。よりわかりやすくなっていたのと、伏線の引き方など、より効果的なストーリー展開になっていました。またBGMの使い方がとっても効果的でストリー展開に深みを与えていました。

ただ、リスベットが車で逃げる犯人をバイクで追跡するシーンがオリジナルとは展開が変えてあって、個人的には、フィンチャー板よりもオリジナルの方が、リスベットの子供の頃のトラウマとリンクしていて、見事な表現だなと思っていたので、あれ~っとちょっと拍子抜けしてしまいましたが、主人公の年齢設定がオリジナルよりも若いルーニーに合わせて作ってあり、ラストシーンの大人の恋と若い純粋な恋の結末にはとても切なさを感じました。こういう描き方は、やっぱりハリウッドなんだなっと感じる一面でもありました。





robanosocksはtwitterしています♪



  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。