ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆孤高のメス 80点 #eiga #movie #cinema #kokou

kokouno.jpg
2010年6月5日(土)公開 公式HP


監督:成島出

脚本:加藤正人

原作:大鐘稔彦孤高のメス」シリーズ 幻冬舎文庫 全10巻

出演:
 堤真一(当麻鉄彦)
 夏川結衣(中村浪子)
 吉沢悠(青木隆三)
 中越典子(大川翔子)
 松重豊(実川剛)
 成宮寛貴(中村弘平)
 矢島健一(村上三郎)
 平田満(島田光治)
  余貴美子(武井静)
 生瀬勝久(野本六男)
 柄本明(大川松男)


story:現役の看護師でありながら病院内で適切な処置を受けられずに急死した浪子。彼女の葬式を終えた息子で新米医師の弘平は、母の遺品の中から一冊の古い日記帳を見つける。そこには、看護師としての様々な日々が綴られていた――。1989年。大学病院に依存し、外科手術ひとつまともに出来ない体たらくの地方病院、さざなみ市民病院。そこへ、ピッツバーグ大学で高度な外科医術を身につけた医師・当麻鉄彦が第二外科医長として赴任する。院内の旧態依然とした慣例に囚われず、患者のことだけを考えて正確かつ鮮やかに処置を行う当麻。彼のひたむきな姿勢は周囲の反発を招く一方、腐敗した病院に風穴を開け、オペ担当のナースとして当麻と一番身近に接していた浪子も仕事への情熱を取り戻していくのだった。そんなある日、市長の大川が末期の肝硬変で搬送されてくる。当麻は、大川を救済する唯一の手段だが日本の法律ではまだ認められていない脳死肝移植を施すことを決断するが…。


■監督は、「フライ,ダディ,フライ」、「クライマーズ・ハイ 」の成島出

■外科医当麻鉄彦役は、「姑獲鳥の夏 」、「地下鉄(メトロ)に乗って 」、「容疑者Xの献身 」、「クライマーズ・ハイ 」の堤真一

■中村浪子役は、「歩いても 歩いても 」の夏川結衣

■浪子の息子、中村弘平役は、成宮寛貴。



現職医師・大鐘稔彦によるベストセラー小説を映画化です。


母の遺品を整理している時に見つけた日記に書かれた日々からストーリーは語られていきます。


余貴美子さんを起用した段階でこの作品は成功です。っと常々余貴美子の演技は職人技と感じています。今回も大変すばらしい演技を見せていただきました。



原作が、現役の医師大鐘稔彦の小説と言う事もあってか、病院でのシーンは、常にリアルに満ちていました。

当麻役の堤真一さんは、実際の医師用のDVDで勉強したり、実際の手術に立ち会ったりと医術現場を研究しつくして撮影に臨んだのだそうです。

そして、カメラワークも実際の医師の目線での手術シーンを描くために、特殊造型チームの作成したリアリティあふれる臓器で撮影されているとのことです。と言っても内臓は実際あまり見たことはないですが(笑)なんかとってもリアルでした。


「看護婦という仕事が嫌でたまらない」
「後味の悪い手術ばかり・・・」

シングルマザーで子供を育てて来て、保育園に預ける事が出来るようになった為か、看護師の仕事に復帰した浪子がしたためた日記は、そんな言葉から綴られているのです。


大学病院に比べて設備の整わない市民病院では、お粗末な手術をして失敗したときは、寿命だったとか、手遅れだったと言う事で済ませてしまったり、市民病院では手におえないから大学病院に搬送する決まりになっていると言う、現場の悪習が蔓延していたのです。


そんな市民病院にやって来る当麻は、アメリカピッツバーグ大学からやって来た敏腕外科医で、何よりも目の前の患者の命を救う事を大前提に考え行動する当麻の真摯な姿勢に、周りは圧倒され感動し、彼の手術に関われることを喜びとし始め、自らの技術も彼の手術に真剣について行こうとするのです。


あまりにも当麻という存在が、あたかも聖職者のごとく穏やかで常に医師としての信念による真摯な姿勢で立ち向かう人物像は、理想的過ぎて現実離れしているかのように感じたりもします。

だけど、その一方で、自分が病気になった時に、やはりこんな医師がいたら、誰しもが、どんな事をしてでもこの医師に看てもらいたいと思うに違いありません。


昭和から平成に移り変わった時代、まだ脳死が死と認められていなかった時代に、責任を一切自分でかぶるとし、肝臓移植を敢行しようとする孤高のメスが、切り開く確かな未来へのステップが描かれていました。


原作者である現役医師の大鐘稔彦も、きっとこんな医師像を理想として思い描いているに違いないと感じました。


当麻医師を見ていたら、ふとシリーズで放送されていた日本のドクターを紹介するドキュメンタリー番組で紹介された、「神の手」と称賛される世界最高の脳神経外科医・福島孝徳ドクターの事を思い出しました。


医師免許を持たない偽医師や誤診や医療ミスのニュースが時々流れて来ますが、当麻医師のようなドクターが日本にもたくさんいる事を信じたいですね。

堤真一さんの演技は、腕があって、その腕に溺れることなく常に控えめな人格で、それでいて、周りに囚われない正しいと信じる信念に基づいた行動力を発揮するヒーローのようでとってもカッコいいです。


小道具にも凝っていて、医師としての信念を貫いていくことだけに真摯に向き合って来た医師当麻は、そういう生き方を疎ましく思う医療機関を転々として来たのだろうか、彼が赴任して来た市民病院に持って来たスーツケースはボロボロで、そんな彼の人生を物語っていました。

そして、母の日記によって、誰かのために繋ぐ命と、その命の為に救われた命のストーリーを知り、「人間はみんなつながっているんだなと思った」と言った浪子の一人息子弘平の言葉が、真新しいスーツケースを引いて来たシーンに表されていたと思いました。





robanosocksはtwitterしています♪



   blogram投票ボタン



容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/18)
福山雅治柴咲コウ

商品詳細を見る


クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/01/01)
堤真一堺雅人

商品詳細を見る


フライ・ダディ  特別版 [DVD]フライ・ダディ 特別版 [DVD]
(2007/10/03)
イ・ジュンギ.イ・ムンシク

商品詳細を見る


姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]
(2005/11/25)
堤真一永瀬正敏

商品詳細を見る


魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月柄本明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

TBありがとうございます。

>自分が病気になった時に、*この医師に看てもらいたい
>人物像は、理想的過ぎて現実離れしているかのように感じたり

私もそうでした。
当麻医師は素晴らしいんですが、
もう少し人間臭さ(演歌だけでなく)があってもよかった。

Re: TBありがとうございます。

> >自分が病気になった時に、*この医師に看てもらいたい
> >人物像は、理想的過ぎて現実離れしているかのように感じたり
>
> 私もそうでした。
> 当麻医師は素晴らしいんですが、
> もう少し人間臭さ(演歌だけでなく)があってもよかった。

v-132KGR様コメントありがとうございます。

そういえば、書き忘れたけど、演歌で、しかもコブシのきつい都はるみってのがすごかったですねw好きな音楽を聴きながら手術って今では当たり前みたいです。私も一度だけ手術台に乗ったのですが、部分麻酔だったので、普通に手術と関係ない会話しながら、クラシックがかかっていて、なんだかもっとまじめにやってよって言いたくなりました。まぁ、たいした手術ではなかったのですけど・・・
人間臭さ・・そこなんですよね。聖職者のようなと書いたのはそういう意味で、こんな人いないに等しいぐらい珍しいなと思いました。でも、理想ではありますけどね~

こんばんは~☆

コメントTBありがとうございました。
余貴美子さん、難しい役だったと思いますが、素晴らしい演技でしたね。
堤さんの当麻医師ステキでした~^^

手術中の音楽について、一般的なんですね。。。?
部分麻酔の場合は意識がはっきりしているので、
音楽は良いとしても、会話には気をつけて欲しいですよね。
医者達はなれてる手術かもしれませんが、患者は不安でいっぱいなのだから。
私も遠い昔・・・(笑)経験あるのですが、その時はラジオで高校野球の中継を聞きながら手術をしてました。
いくら軽い手術と言っても、患者の事をもう少し考えて欲しいと思いました。

robanosocksさん、これからもよろしくお願いしますね^^

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■孤高のメス

自身も医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。脳死肝移植というタブーに挑んだ一人の外科医を描いた社会派医療ドラマだ。主演は『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、成宮寛貴、余貴美子、生瀬勝久、柄本明など若手・中堅・ベ...
2010/05/21(金) 01:30:00 | LOVE Cinemas 調布

■「孤高のメス」試写会、感想。

こちらの、堤真一は映画「クライマーズ・ハイ」のような、熱い熱血漢って、そんな役所ではないです。 しず~かに、しず~かに、淡々と手術の執刀する、まぁ、そのシーンに演歌が掛...
2010/05/21(金) 01:30:22 | Beinthedepthsofdespair

■孤高のメス

5月7日(金)@ヤクルトホールで鑑賞。 この日もよせばいいのに夕方から雨が降った。 合羽着て自転車を漕ぎ、新橋まで出かける。 最近は暑くなったり寒くなったり寒暖の差が大きく、雨も多い。 冬の間は降水量少ないのに今年は本当に雨が良く降った。 毎日自転車を...
2010/05/21(金) 06:46:34 | あーうぃ だにぇっと

■試写会「孤高のメス」

2010/5/13。新橋ヤクルトホール。 久しぶり、かな。 1階の男子トイレが女子トイレにされていて、男子トイレは2階のみになっていた。 いつも女性の方は混んでますから、それはそれで正解でしょうけど、今回は空いてました。 またスポンサーからの食品が1/5の
2010/05/21(金) 10:02:59 | ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

■映画「孤高のメス」@よみうりホール

 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...
2010/05/21(金) 13:13:03 | masalaの辛口映画館

■??Υ?

?Х?????γ????? ????θ????? ----ä??ή?ΰť?...
2010/05/21(金) 22:06:46 | ?

■『孤高のメス』(2010)/日本

監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
2010/05/23(日) 11:15:27 | NiceOne!!

■【孤高のメス】★堤真一

 諦めるな。この命を救うために。日時:5月18日(火) 明治安田生命ホール 試写会にて鑑賞 孤高のメス HP孤高のメス シネマトゥデイ解説患者のたらい回しなど現代の医療問...
2010/05/25(火) 23:56:41 | 猫とHidamariで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。