ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう真央ちゃん金メダル☆2010世界選手権

mao.jpg

オリンピックに照準を合わせて調整してきた各選手が、1か月後に開催された世界選手権では次々にジャンプを失敗するなど、体調とモチベーションをキープするのが難しい状況の中、4年前の真央ちゃんがそうだったように、失うもののない強みを持った若さの長洲未来がシートプログラムで1位に立ちました。真央ちゃんも数か月早く生まれていれば、この地トリノで行われたオリンピックで間違いなくメダルに輝いていたに違いありません。

今回、ほぼ完ぺきに近かった真央ちゃんの演技の中で、最初のトリプルアクセルのコンビネーションがダブルアクセルと判定され、惜しくも2位に下がりました。

昨日のフリーでは、最初の3アクセルは認められたものの、2度目の3アクセルのコンビネーションは再び回転不足と判定され思うようにポイントが伸びない中、オリンピック後のモチベーションを維持しつつ最後となる「鐘」の演技に有終の美を飾り本人もほぼ満足のいく演技が出来、やっと真央ちゃんにふさわしい金メダルが真央ちゃんの胸に輝くことが出来てほんとによかったですね。えらいぞ!!真央ちゃん☆

何度完ぺきに飛んだと思っても回転不足と判定されている結果を見て真央ちゃんの表情が曇っていたのが印象的でした。

相変わらず加点制度の弊害による難度の高いジャンプに対する減点の目が厳しいのと、ジャンプの失敗により大きく順位を落とす選手が多かったです。

なのに、転んでボロボロだったあの人は7位から2位??・・とんでもなくびっくり!(最初結果だけ聞いてた時は、きっとミスのない演技だったのねと思ったので、さっき、放送を見ててびっくり。転んでるじゃん・・ボロボロじゃん・・)

他の選手も疑問をかんじないのかしら・・・

この加点制度はもろ刃の剣で、天国と地獄の差ほどの結果を作ってしまう間違った制度だと思います。

しかしながら、真央ちゃんの望むように、この加点によって作られたバンクーバーの金メダルの記録を破るためには、同じ条件下でなければ不可能に近いので、ぜひとも、この制度が改善される前に記録を塗り替えて、真の世界一の真央ちゃんになれるといいですね。

真央ちゃんの今シーズの「鐘」のプログラムは、曲調も重く、太陽のように明るい彼女の性格にも合わないようにずっと感じていました。人それぞれ個性があるのだから、ほかの選手のように無理して色気を強調する必要もないし、強い女を演じる必要もないと思うので、次のシーズンは是非真央ちゃんスマイルのよく似合う明るくて楽しい曲をテーマに選んでほしいと思います。

来シーズンに向けては、技術面を強化してくれるコーチを探しているそうなので、より一層華麗なジャンプを魅せる真央ちゃんが見られるのではないかと、期待しています。

ただ、怪我には十分気を付けて長く私たちを楽しませてくれる選手でいてほしいです☆


人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。