ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

02月« 2010年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆しあわせの隠れ場所/The Blind Side 80点

THEBLINDSIDE_convert_20100331211136.jpg
2010年2月27日公開 公式HP

監督: ジョン・リー・ハンコック

出演: サンドラ・ブロック (リー・アン・テューイ)
   ティム・マッグロウ (ショーン・テューイ )
   クィントン・アーロン (マイケル・オアー)
   キャシー・ベイツ (スー夫人 )
   リリー・コリンズ (コリンズ・テューイ )
   ジェイ・ヘッド (S・J・テューイ )
   レイ・マッキノン (バート・コットン )
原作: マイケル・ルイス
ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(ランダムハウス講談社刊)


■監督は、「オールド・ルーキー(2002)」のジョン・リー・ハンコック

■リー・アン・テューイ役は、「トゥー・ウィークス・ノーティス (2002)」、「クラッシュ (2004)」のサンドラ・ブロック。本作でゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞において主演女優賞を受賞しました。
 
■ショーン・テューイ役は、ティム・マッグロウ。


story:夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな食事に感謝するマイケルから、幸せとは何かを教えられていく。やがて、マイケルはアメリカン・フットボールの選手として頭角を表すようになり…。





2009年にボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説の映画化です。

「僕らのミライへ逆回転 」以来2作目の映画出演となるクィントン・アーロン演じるマイケル・オアー。前作では、出演していたことすらあまり記憶に残ってないのですが、本作では、何をおいても守ることにおいては人一倍能力を発揮する、気は優しくて力持ちっぷりのマイケルにぴったり・・・

ゴールデン・グローブ賞においてもアカデミー賞においても主演女優賞を受賞したサンドラ・ブロックは、「クラッシュ (2004)」では、黒人に強い偏見を持ちながら、誰も助けてくれなかった本当に必要な時に、身近にいていたわってくれたのが、自分が偏見を抱いていた黒人の使用人だったことで、自分の偏見に恥じる・・という役どころだったのですが、今回は真逆で、誰に対しても分け隔てない心を持ち、迷うことなく実のわが子のようにマイケルを愛しんだリー・アン役を好演しました。

また、マイケルに真っ先に声をかけるのが、そんなリー・アンが育てたジェイ・ヘッド演じるS・J。どこか、「ホーム・アローン」のマコーレ・カルキンを思わせるような愛すべきキャラクターの持ち主で楽しませてくれます。

すべてにおいて一生懸命で歯切れのよい、日本で言うならば姉御肌みたいなりー・アンとマイケルのハートフルストーリーにじんわり涙で感動できる素敵な作品でした。これがほんとうに実話だなんて驚きです。

ラストに実際のマイケル・オアーやリー・アン一家や家庭教師のスー夫人の映像を見ることができますが、ほんとキャスティングされたキャスト陣と雰囲気がそっくりな素敵な家族でした。





robanosocksはtwitterしています♪

人気ブログランキングへ 


オールド・ルーキー 特別版 [DVD]オールド・ルーキー 特別版 [DVD]
(2005/12/21)
デニス・クエイドレイチェル・グリフィス

商品詳細を見る


アラモ 特別版 [DVD]アラモ 特別版 [DVD]
(2006/04/19)
デニス・クエイドビリー・ボブ・ソーントン

商品詳細を見る


クラッシュ [DVD]クラッシュ [DVD]
(2006/07/28)
サンドラ・ブロックドン・チードル

商品詳細を見る


ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟
(2009/11/25)
マイケル ルイス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。