ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本インターネット映画大賞 日本映画

今年もこの季節がやって来たという感じです。日本インターネット映画大賞投票のお誘いを受けましたので投票させていただきます。(日本映画版)

外国映画版はこちらへ

観たかった作品はまだまだあったのですが、2010年は例年に比べて観賞出来た作品の数が少ないです。その少ない観賞出来た作品の中から振り返ってみたいと思います。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 告白 」  10  点
  「 悪人 」   6 点
  「 孤高のメス 」   5 点
  「 借りぐらしのアリエッティ 」  3  点
  「 THE LAST MESSAGE 海猿  」   3 点
  「 BECK 」  1点  
  「 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 」  1  点
  「 おにいちゃんのハナビ 」   1 点


【コメント】
   今年は一年が終わってみる前に、「告白」を観た直後これが今年一番と確信するほど、衝撃と感動を覚えました。私的には、映画を観てから原作も読みたいと思える作品にはあまり多く出会えないのですが、監督の演出を初め主演の松たか子さんや原作者の湊かなえさんの天性の才能の融合が生み出した作品に、原作にも大変興味を覚えさせていただきました。
 また、「告白」と同様に人間の深層心理にまで深く切り込んだ表現が、観る側に強烈に訴えかけてくる「悪人」も素晴らしかったです。
 そして、人間一人の命の尊さと重さを痛感させられる「THE LAST MESSAGE 海猿」、いつも創造力豊かで独創的なジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」も心に残っています。
 あまり期待なく観賞したものの意外にも感動させられ、楽しめた「BECK」、「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」、「おにいちゃんのハナビ」にも1票ずつ入れさせていただきました。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ 中島哲也 ] (「 告白 」)

【コメント】
   原作の良さを損なわない作品の完成度はもとより、独創的な表現に非常に引き込まれました。素晴らしかったです。


【主演男優賞】
   [ 妻夫木聡 ] (「 悪人 」)

【コメント】
   ドラマや映画での過去の彼の作品からは想像できないほどの別人物を見事に演じ分けていて、またひとつ脱皮した感のある演技に感動しました。


【主演女優賞】
   [ 松たか子  ] (「 告白 」)

【コメント】
   「告白」は彼女でなければありえなかった。本当に素晴らしい演技でした。


【助演男優賞】
   [ 役所広司  ] (「 最後の忠臣蔵  」)

【コメント】
  時代劇なら彼に任せておけば間違いないよねと言う安定感ある演技は脇役としても素晴らしいです。
  
【助演女優賞】
   [ 樹木希林  ] (「 悪人 」)

【コメント】
   円熟した深い演技と存在感は、今年右に出る女優さんはいなかったかと感じます。


【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 桜庭ななみ  ] (「  最後の忠臣蔵  」)

【コメント】
   とにかくフレッシュで印象に残る活躍でした。


【音楽賞】
  「 のだめカンタービレ 最終楽章・後編 」

【コメント】
  今でもテレビや街頭でふと流れるクラッシック音楽に、本作のさまざまな映画シーンが甦るほどクラッシック音楽を身近に感じさせてくれた楽しい作品でした。まだまだ観たかった。


【ブラックラズベリー賞】
  「 大奥 」

【コメント】
  発想的にはとっても面白いものがあったし、大勢の美しい男優の競演と言う事にとっても期待していたのですが、やはり女優の衣装の豪華絢爛さによる華やかさとは比べものにならないし、ストーリー自体もお粗末だったのために多分に期待外れだった。



-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×で賞】
   [勝手に大好きな映画で賞] (「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」)
  「 木村拓哉 (古代進役にシンクロするイメージと演技に) 」

【コメント】
  とにかく木村拓哉が古代進そのものだったのがうれしかったです。しかし、先に黒木メイサありき的な脚本と森雪像の設定が異常に違和感がありました。森雪像は、およそ宇宙にバトルしていく戦士には似つかわしくない、たおやかで消えてゆきそうな神秘的とも言うイメージがの森雪が、後のイスカンダルがのりうつるストーリー展開に説得力を与えていたと思うので台無し感があって大変残念に思いました。
   アナライアザーの声が「名探偵コナン」の阿笠博士だったのには気がつかなかった(余談)
  「泣いちゃった!ヤマトに乗りたい!」このTVコマーシャルも、今まで流れてきた嘘っぽいTV予告のインタビューコメントを見ているより、ずっと感動しました(笑)可愛くて何度見ても笑っちゃう。


-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

この記事のTrackback Ping URI
http://www.movieawards.jp/blog/trackback/tb_coc.php?id=7
スポンサーサイト

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

日本インターネット映画大賞 外国映画

今年もこの季節がやって来たという感じです。日本インターネット映画大賞投票のお誘いを受けましたので投票させていただきます。(外国映画版)

日本映画版はこちらへ

観たかった作品はまだまだあったのですが、2010年は例年に比べて観賞出来た作品の数が少ないです。その少ない観賞出来た作品の中から振り返ってみたいと思います。





[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 プレシャス 」    6点
  「 しあわせの隠れ場所 」    5点
  「 インセプション 」    4点
  「 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 」    3点
  「 アバター 」    3点
  「 トイ・ストーリー3 」    2点
  「 アリス・イン・ワンダーランド  」    2点
  「 プリンス・オブ・ペルシャ  」    2点
  「 インビクタス/負けざる者たち  」    2点
  「 ナイト&デイ  」    1点

【コメント】
  2010年は色々なジャンルにおいてまんべんなく面白い作品が多かったです。作品として素晴らしいと言える作品も機会を逸してしまって観られなかったものも多かったですが、アカデミー賞のショーレースに参加した作品にはやはり中身の濃い作品が多かったです。
  映画をエンターテイメントとしてとらえると、純粋に映像美や単純にストーリーやアクションが面白いと言った中でもレベルの高い作品が目立ちました。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ ジェームズ・キャメロン ] (「 アバター 」)

【コメント】
   未だに3D作品の中で本作の世界観に追随を許さない、映像革命という名にふさわしい3D映像の先陣を切ったこの作品を作り上げた監督の素晴らしに敬意を表して。


【主演男優賞】
   [ レオナルド・ディカプリオ  ] (「 インセプション  」)

【コメント】
  近年の彼の出演した作品の演技はどれも素晴らしいです。


【主演女優賞】
   [ サンドラ・ブロック  ] (「 しあわせの隠れ場所  」)

【コメント】
  主演女優としての演技が見どころと言う主だった作品が見当たらなかったのですが、彼女の演じたリー・アン・テューイがとても素敵だったから。


【助演男優賞】
   [ 渡辺謙  ] (「 インセプション  」)

【コメント】
  ハリウッドを代表する俳優となりつつあるレオナルド・ディカプリオの存在感にも負けない、名脇役としての存在感が定着しつつある謙さんの演技に安心感さえ感じます。


【助演女優賞】
   [ モニーク  ] (「 プレシャス  」)

【コメント】
  生まれたことを喜んだ宝物のような可愛い娘のはずだったのに、自分に振り向かない夫を娘に奪われたともがき、かわいさ余って憎さ100倍的に怒りが娘に向かっていくどうしようもない心の葛藤から来る複雑な表現が見事に演じられていた。


【ニューフェイスブレイク賞】
   [ メラニー・ロラン  ] (「 オーケストラ!  」)

【コメント】
  とにかく綺麗で可愛かった!


【音楽賞】
  「 オーケストラ!  」

【コメント】
  ラストのコンサートシーンは圧巻でした。


【ブラックラズベリー賞】
  「 運命のボタン 」

【コメント】
  これだけ原作を裏切ったとんでも作品は珍しい(笑)


-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [勝手にお金返してと言いたかったで賞] (「トロン・レガシー」)
  「           」

【コメント】
  ジェフ・ブリッジスが出演しているので観たいと思った作品ですが、まったく中身がなく3D映像としてもそれほど特筆すべき点もなく、派手なだけでゲームのシーンのような映像とストーリーもつまらなすぎて、初めて映画を見ながら爆睡してしまいました。(寝ていたくせによく言うよね~っと怒らないでぇ・・・)


-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

この記事のTrackback Ping URI
http://www.movieawards.jp/blog/trackback/tb_coc.php?id=8
6

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

第82回アカデミー賞ファッションチェック

あくまでも独断と偏見による個人的な趣味です。好きなドレスの順にベスト6を発表~
特にベスト1&ベスト2がダントツ好き♪

No.1キャメロン・デアスCameronDiaz⇒No.2シャーリーズ・セロンCharlizeTheron
s_CameronDiaz.jpg  s_CharlizeTheron.jpg

No3デミ・ムーアDemiMoore⇒No.4クリステン・スチュワートKristenStewart
s_DemiMoore.jpg  s_KristenStewart

No5アマンダ・セイフライドAmandaSeyfried⇒No.6ジェニファー・ロペスJenniferLopez
s_AmandaSeyfried   s_JenniferLopez.jpg


靴部門はというと、
☆個人的にはデミ・ムーアの靴の素敵なデザインとドレスの色に合わせたサーモンピンク色の靴が好き☆
っと言う事で、デミ・ムーアの靴をNo.1に選びました~☆

■つま先開き淡色系の靴
ss_DemiMoore   ss_MariahCarey   
■つま先開き、ドレスと色合わせの濃い色系の靴
ss_ZoeSaldana.jpg

■メッシュ系の靴
ss_MerylStreep   ss_CareyMulligan



人気ブログランキングへ 

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

第82回アカデミー賞受賞者決定!

日本時間2010年3月8日(月)AM10:30 米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド・コダックシアターにて、第82回アカデミー賞授賞式がスタートしました。

色々言われていたけど、「ハート・ロッカー」へのペナルティは当の御本人プロデューサーニコラス・シャルティエ氏の授賞式への出席を禁止するのみの処遇に落ち着いたようですね。
シャルティエ氏は、母親と一緒にレッドカーペットを歩くのを楽しみにしていたとか・・・・
彼には後日オスカー像が手渡されることになっているという事です。

また、そんな色々なマイナス要因をすべて跳ね除ける勢いが「ハート・ロッカー」にあったようです♪



作品賞「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」
脚本賞「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」
■編集賞「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」
■音響録音賞「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」
■音響編集賞 「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」
2The Hurt Locker
監督賞 キャスリン・ビグロー(「ハート・ロッカー/The Hurt Locker」)
J_KathrynBigelow.jpg



主演男優賞 ジェフ・ブリッジス(「クレイジー・ハート/Crazy Heart」)

主演女優賞 サンドラ・ブロック(「しあわせの隠れ場所/The Blind Side」)
akademyj.jpg  akademys.jpg



助演男優賞 クリストフ・ワルツ(「イングロリアス・バスターズ/Inglorious Bastards」)

助演女優賞 モニーク(「プレシャス/Precious」)
akademyc.jpg  akademym.jpg


外国語映画賞 「瞳の奥の秘密/El Secreto De Sus OJos」(Juan Campanella監督)

■視覚効果賞 「アバター/Avatar」
■撮影賞 「アバター/Avatar」
■美術賞 「アバター/Avatar」
2Avatar.jpg

長編アニメーション賞 「カールじいさんの空飛ぶ家/Up」
■作曲賞 「カールじいさんの空飛ぶ家/Up」
2Up.jpg


■衣装デザイン賞 「ヴィクトリア女王~世紀の愛/The Young Victoria」
927_10351002253.jpg


■脚色賞 「プレシャス/Precious」
2Precious.jpg


■メイクアップ賞 「スター・トレック/Star Trek」
5890_3127093431.jpg

■長編ドキュメンタリー賞「ザ・コーヴ/THE COVE」(ルーイー・サホイヨス監督)
*日本語のトレイラーが見られます
「大ヒット・ドラマ「わんぱくフリッパー」でイルカの調教師として活躍後、イルカ保護に目覚め、世界中でイルカ救済の活動を続けるリック・オバリー氏に密着、日本で行われているイルカ漁の実態と女優ヘイデン・パネッティーアやイザベル・ルーカスの参加で大きな話題となった抗議活動の模様を記録した作品」

■短編実写賞「The New Tenants」

■短編ドキュメンタリー賞「Music by Prudence」

■短編アニメーション賞「Logorama」

■主題歌賞「クレイジー・ハート/Crazy Heart」“The Weary Kind (Theme from Crazy Heart)”
3612_8380605002.jpg







人気ブログランキングへ 

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

第33回日本アカデミー賞 2010 速報

東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた第33回日本アカデミー賞において「剣岳 点の記」6部門、「沈まぬ太陽」3部門受賞

2010Academyjapan.jpg


■作品賞 「沈まぬ太陽」若松節朗監督
沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/05/28)
渡辺 謙三浦友和

商品詳細を見る


■監督賞(木村大作監督)「剣岳 点の記
劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る


■主演男優賞(渡辺謙
沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/05/28)
渡辺 謙三浦友和

商品詳細を見る


■主演女優賞(松たか子)「ヴィヨンの妻、桜桃とタンポポ」
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]
(2010/04/07)
松たか子浅野忠信

商品詳細を見る


■助演男優賞(香川照之)「剣岳 点の記
劔岳 点の記 [Blu-ray]劔岳 点の記 [Blu-ray]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る


■助演女優賞(余貴美子)「ディア・ドクター」
ディア・ドクター [DVD]ディア・ドクター [DVD]
(2010/01/08)
笑福亭鶴瓶瑛太

商品詳細を見る


■最優秀脚本賞(西川美和)「ディア・ドクター」


■最優秀美術賞(種田陽平、矢内京子)「ヴィヨンの妻」


■最優秀照明賞(川辺隆之)「剣岳 点の記」


■最優秀録音賞(石寺健一)「剣岳 点の記」


■最優秀音楽賞(池辺晋一郎)「剣岳 点の記」


■最優秀編集賞(新井孝夫)「沈まぬ太陽」


■最優秀アニメ作品賞は「サマーウォーズ」(細田守監督)
サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭 ななみ

商品詳細を見る


■外国作品賞「グラン・トリノ」(クリント・イーストウッド監督)
グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る





人気ブログランキングへ 

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。