ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆RAILWAYS/49歳で電車の運転士になった男の物語 70点 #eiga #movie #cinema

railways.jpg


監督: 錦織良成

出演: 中井貴一 (筒井肇)
高島礼子 (筒井由紀子)
本仮屋ユイカ (筒井倖)
三浦貴大 (宮田大吾)
奈良岡朋子 (筒井絹代)
橋爪功 (一畑電車社長 大沢悟郎)
佐野史郎 (一畑電車運輸営業部長 石川伸生)
宮崎美子 (絹代の介護士 森山亜紀子)
遠藤憲一 (京陽電気・工場長 川平吉樹)
中本賢 (肇の同級生 西田了)
甲本雅裕 (一畑電車運転手(指導係) 福島昇)
渡辺哲 (一畑電車車輌課長 高橋晴男)
緒形幹太 (一畑電車運転士 薮内正行)
石井正則 (一畑電車司令室 田窪利和)
笑福亭松之助 (絹代の同級生 長岡豊造)

主題歌: 松任谷由実
『ダンスのように抱き寄せたい』


story: 一流企業のエリートサラリーマン筒井肇は、50歳を目前に取締役への昇進を告げられる。その一方で、リストラのために親友の川平が工場長を務める工場の閉鎖を進める責任者を任されることに。さらに、家庭を顧みず仕事一筋だったばかりに、妻や娘との間に知らず知らずのうちに溝が深まっていた肇。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしていた母・絹代が倒れたとの連絡が入る。追い打ちをかけるように、川平の交通事故死の報が届く。そんな時、幼い頃に必死で集めていた電車の切符の束を見つけた肇は、地元ローカル線“一畑電車”の運転士になるという子ども時代の夢を思い出すのだが…。


本作を一言で表そうとすると、観ないと損をする映画と言うわけではないけれど、観たら損をしない映画でもある。と言う感じです。



家庭を顧みない仕事人間の夫や父親を取り巻く家庭の崩壊を描く物語などは、今までたくさん作られてきたけれど、本作も始まりは、そんな一家庭のお話でした。

でも本作がそういうストーリーと根本的に違う点は、50歳を目前にした超エリートが、親友の息子の事、母の病気の事、親友の事故死などをきっかけに、誰のためでもなく自分の夢に正直生きようとした筒井肇の物語。

出世よりも物作りへの愛着にこだわる親友の生き方、家族のためにでさえ会社を休めない親の矛盾に疑問を持ち父親に訴え続ける娘倖の素直な生き方、本作に繰り返し流れる会社人間である肇の生き方への自然の流れ的な転機が訪れます。

人間はそんなに極端に変われるものじゃないと思うのだけれど、会社にいたころの合理主義的な肇の人間像と、真逆とも思える電車の運転手となった人情家的な肇像の演技の繋ぎ目が極端で、ちょっと不自然な感じがしないでもないけれど、中井貴一の演技の引き出しの多さなのかなとも言えなくはないかと思いもしました。

橋爪功の一畑電車社長の巧すぎる演技を始め、高島礼子や奈良岡朋子、佐野史郎他の俳優陣の巧い演技が集まった作品だなと思いました。

父に三浦友和、母に山口百恵と有名すぎるサラブレッドな新人である宮田大吾を演じた三浦貴大も、最初硬い演技で大丈夫かな~と思ったけれど、中盤ぐらいから慣れた感じになって、良い味を出していました。

あまり嫌な部分、過酷な部分を描かないことにより出来すぎ感はあるものの、ほのぼのとした良い作品になりました。


ユーミンの主題歌もとっても良かったです。


ダンスのように抱き寄せたい/バトンリレーダンスのように抱き寄せたい/バトンリレー
(2010/05/26)
松任谷由実

商品詳細を見る





robanosocksはtwitterしています♪



   blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

◆レギオン/Legion 30点 #eiga #movie #cinema

Legion.jpg
2010年5月22日公開 公式HP


監督: スコット・スチュワート

出演: ポール・ベタニー (ミカエル)
ルーカス・ブラック (ジープ・ハンソン)
タイリース・ギブソン (カイル・ウィリアムズ )
エイドリアンヌ・パリッキ (チャーリー)
チャールズ・S・ダットン (パーシー・ウォーカー )
ジョン・テニー (ハワード・アンダーソン)
ケヴィン・デュランド (ガブリエル)
ウィラ・ホランド (オードリー・アンダーソン)
ケイト・ウォルシュ (サンドラ・アンダーソン)
デニス・クエイド (ボブ・ハンソン)


story:モハベ砂漠に寂しく佇む一軒のダイナー。そこへやって来た老婆が突然凶暴化し、店内を混乱に陥れる。その老婆を客の一人が仕留めたのも束の間、いつしか店の外は無数の虫の大群に囲まれていた。突如として発生した非現実的な状況に恐怖し、戸惑う店内の者たち。そんな中、大量の武器で武装したひとりの男が現われる。そして、ミカエルと名乗るその男は、堕落した人類を絶滅させるため神が恐ろしい天使軍団“レギオン”を遣わした、と驚愕の事実を明かす。また彼の正体は、神の命に背き、自らの翼を捨て、人類と共に戦うことを決意した唯一の大天使だった。さらに、ダイナーのウェイトレス、チャーリーのお腹の子が人類存亡の行方を担うと知らされる人間たち。こうして、ミカエルは圧倒的に人類劣勢の中、彼らを先導し、レギオンに立ち向かうが…。



■監督は、これまで主に視覚効果を務め、本作で長編初メガホンとなるスコット・スチュワート。

■主演は、「ギャングスター・ナンバー1」、「ウィンブルドン 」、「ダ・ヴィンチ・コード」ではシラスを演じた、ポール・ベタニー

本作でもシラスモードいっぱいな役柄かと思いきや!自ら翼を切り落とし人間に希望を持とうと戦う役。

■ジープ・ハンソン役は、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 」で軍人の父を頼って日本へとやって来る問題児の役を演じていました。覚えていますか?



レギオン」とは、堕落した人類を絶滅させるため神が遣わした恐ろしい天使軍団のこと。

黙示録と言えば、今までも堕落した人類に怒った神が、津波や地震など天変地異を起こして地球自体を滅ぼしてしまおうとする作品が数々作られてきましたが、本作は、ピロピロとかわゆい音楽を流しながらアイスクリーム売りの車に乗ってやってっくるゾンビーな天使だったり、なんと神が小技を使いまくって、人間を試す、だます、襲う、っとなんだか姑息な印象さえ起こさせる小物な神像に落胆さえ感じさせられます。

「タイタンの戦い」の場合はクラーケンで人間を滅ぼしに来るのですが、これはこれで神話っぽくて、まだ許せるのですが、まぁ、ホラーなら、ホラーで神の名を使わずに自由奔放に作ってくれればいいのだけれど、よそ様の神様だから余計なおせっかいかもしれないけれど、これじゃぁ、神のイメージが大きくダウン(笑)

ポール・ベタニーのミカエル役は良かったけど、ケヴィン・デュランドのガブリエルはやめてほしかった(涙)私のガブリエル像がガタガタと音を立てて崩れていく(涙)・・・・


いがみ合い、戦争ばかりしている人間に怒る神と言うバックグラウンドの中、神に背いてまで人間を信じたかったミカエルが人間の救世主を守るためにやって来て、神から遣わされたガブリエルと戦う際に、たとえ神の命令でも、神に授かった自分の良心に従うと言っていたセリフを聞いた時に、ちょうど日曜日に観たばかりの「プリンス・オブ・ペルシャ」のダスタンも同じようなことを言っていたのを思い出しました。

その時もどこかで聞いた記憶があったな~っとずっと考えていたのだけれど、さっき思い出したのは、「キングダム・オブ・ヘブン 」でエルサレム王のボードワン4世がオーリー演じるバリアン・オブ・イベリンに言った言葉なのです。

キリスト教の教えに対して、そのような解釈があるのかな~っと、ふとそんな事を思っていました。

そして、最後に神が下した決断を見てもそれを裏付ける結果を描いていましたね~(この作品の趣旨とはちがところでなるほどと・・・(笑)考えてしまいました)






robanosocksはtwitterしています♪



  


ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2009/10/28)
トム・ハンクスオドレイ・トトゥ

商品詳細を見る


ロック・ユー! コレクターズ・エディション [DVD]ロック・ユー! コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/06/25)
ポール・ベタニールーファス・シーウェル

商品詳細を見る


ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD]ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ルーカス・ブラックナタリー・ケリー

商品詳細を見る


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

◆ラブリーボーン/THE LOVELY BONES 65点

THE+LOVELY+BONES_convert_20100203165706.jpg

2010/01/29公開 公式HP

原作: アリス・シーボルド 『ラブリー・ボーン』(アーティストハウス刊)

監督: ピーター・ジャクソン

製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ

出演:
マーク・ウォールバーグ ・・ジャック・サーモン
レイチェル・ワイズ ・・アビゲイル・サーモン
スーザン・サランドン・・ リン
スタンリー・トゥッチ ・・ミスター・ハーヴィ
マイケル・インペリオリ ・・レン・フェナマン刑事
シアーシャ・ローナン ・・スージー・サーモン


主人公のスージーは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまう。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。スージーは天国と現実の世界の間で戻りたいと願って天国に行くのを拒みながら地上にいる家族や友達を見守っている。スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願う…。


スタンリー・トゥッチの一見人のよさそうな風貌が、一皮むければ凶悪な残虐さと猟奇さを併せ持つ殺人犯像を好演しています。その体からはあたかも血の匂いさえ漂ってきそうな憎々しさで変人ぶりを見事に演じ切っています。

主演のシアーシャ・ローナンは、「つぐない」で2007年G・G賞及びアカデミー賞においても助演女優賞にノミネートされるなど、若くして今後実力派俳優として注目されています。

私的には、ピーター・ジャクソン 監督と巨匠スティーヴン・スピルバーグがタッグを組んだ作品ということで、少々期待が大きすぎたかもしれません。

さすがスピルバーグ総指揮とあって、映像の美しさは言うまでもないのですが、終始一貫煮え切らないイライラ感を感じさせる展開には、ハラハラ・ドキドキという感じよりも、表現の技巧に走り過ぎたか・・・という感じ。

残された家族に寄り添って少女スージーが家族を思いやる気持ちと、自身の死への理解と納得への過程にも説得力が欠ける展開だった・・・・

彼女のやり残したものとは・・・・

あれで結局、付き合い始めた恋人の心は癒されたのだろうか~




robanosocksはtwitterしています♪



人気ブログランキングへ 



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

◆ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト/SHINE A LIGHT 75点

charlie_watts10.jpg

2008年12月5日(土)公式HP

監督:マーティン・スコセッシ

出演:ザ・ローリング・ストーンズ /クリスティーナ・アギレラ/バディ・ガイ

サンフランシスコのウィンターランドで解散コンサートを行ったドキュメンタリー・フィルムの「ラスト・ワルツ (1978)」を撮ったマーティン・スコセッシ監督が、自身が熱狂的なファンであるザ・ローリングストーンズのドキュメンタリー・フィルムを手がけることになりました。ロバート・デ・ニーロ主演の「カジノ (1995)」でもストーンズの曲を好んで使っていたようです。

2006年秋にニューヨークのビーコン・シアターで、2日間のライブの模様を18台ものカメラとあらゆる機材を駆使して撮影されたライヴ・ドキュメンタリー。

第58回ベルリン国際映画祭でオープニングを飾った作品となりました。

収容人数2800人とストーンズでは考えられないほどの少人数でのライヴで、ステージとファンの距離がものすごく近い上に、ミック・ジャガーの一瞬たりとも止まることのないパフォーマンスが会場の隅々にまでエネルギーを与えていると言っても過言でないと思えるほど、臨場感と一体感が怒涛の如く伝わってくるかのような作品です。

人気ブログランキングへ 




テーマ:DVD - ジャンル:映画

◆レッドクリフ / Red Cliff  PartⅠ 70点



2008年11月29日(土)公開 公式HP

監督・製作・脚本 : ジョン・ウー

出演 : トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/中村獅童 他


オリンピックでもそのセレモニーに出演した人の多さにはびっくりしましたが、インド19.6人に次ぐ14.1億人と人口の多い国中国の利点を最大限に使ったエキストラには、現役の人民軍兵士を1000人以上、馬も200頭以上をも使い、曹操軍80万対劉備・呉連合軍6万の戦いをジョン・ウーが10億円もの私財をつぎ込んで追加撮影を敢行して映画化したものです。



CGを使った3Dでの人物の顔写真付きの相関図を使って冒頭で解説されますので、「三国志」を知らない人にも安心してストーリーを楽しめるようになっています。

ちなみに公式HPでも相関図を載せていますよ。http://redcliff.jp/aboutthemovie/chara.html

この戦いの核となっているのは、天下統一という大義名分の陰に隠れる、絶世の美女とうたわれる周瑜の妻・小喬を手中にしようとする曹操の野望が発端となった二つの戦いです。

その一つがPartⅠで描かれる金城さん演じる孔明の奇策「九官八卦の陣」というわけですね。

80万の兵に対するわずか6万という多勢に無勢な戦いには、まともに戦っては勝ち目はないわけで、その戦いを可能にしたのは、金城さん演じる諸葛孔明の奇策「九官八卦の陣」。

亀の甲羅のように盾を持った兵士が隙間なく人垣を作って陣を張り巡らせ、縦横無尽にその形を変え敵陣を狭い通路に追い込んで逃げ道を塞ぎ順番にバッタバッタとやっつけていく様は劉備軍の勇猛な関羽、張飛、趙雲の三武将や中村獅童演じる孫権軍の甘興など、それぞれにスポットを当てたオンステージという感じでした。

博識な諸葛孔明の役には金城さんはぴったりという感じで、何事にもクールで飄々とした言動には笑いを誘う場面も多く、容姿の美しさは言うまでもなく戦ものの無骨な雰囲気にうるおいを与えるなかなか良い味を出していますね。

また、孫権軍の周瑜を演じたトニー・レオンは、カリスマ性を備えた知将を素敵に演じていました。でも、ジェット・リーとかも思うのですが、顔が童顔なためか、眉がふとい?ためか、兜をかぶるとあまり似合わないと思うのは・・・私だけぇ?(笑)

メインの戦いの部分はなかなか楽しめたものの、1本にするには長くなりすぎるので2部作になったのでしょうが、それでも2時間25分の長尺のなかで中だるみをする場面が多くて、あの場面は必要?もしくは長すぎない?的な部分が足をひっぱった形になって、ラストの静かな終わり方にしても、最終的になにか物足りなさを残す感じが・・・しますね。

とは言え、金城さん目当てに鑑賞した私にしては200%満足ですけどぉ♪


人気ブログランキングへ 




レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバムレッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム
(2009/04/08)
サントラ

商品詳細を見る
レッドクリフ Part I(期間限定廉価版) [DVD]レッドクリフ Part I(期間限定廉価版) [DVD]
(2009/12/02)
トニー・レオン金城武

商品詳細を見る
レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-(期間限定廉価版) [DVD]レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-(期間限定廉価版) [DVD]
(2009/12/02)
トニー・レオン金城武

商品詳細を見る




テーマ:DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。