ろばのくつした (いつか晴れた日に)

試写会や劇場、DVDなどで鑑賞した映画の感想などをまとめています。おすすめDVDも紹介しています。

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆悪人 #eiga

一部ネタバレに相当するかもしれない記述があるかもしれません、

akunin.jpg

2010年9月11日(土)公式HP <評価80点>



監督: 李相日(リ・サンイル)

出演:
妻夫木聡 (清水祐一)
深津絵里 (馬込光代)
岡田将生 (増尾圭吾)
満島ひかり (石橋佳乃)
塩見三省 (佐野刑事)
池内万作 (久保刑事)
光石研 (矢島憲夫)
余貴美子 (清水依子)
井川比佐志 (清水勝治)
松尾スズキ (堤下)
山田キヌヲ (馬込珠代)
韓英恵 (谷元沙里)
中村絢香 (安達眞子)
宮崎美子 (石橋里子)
永山絢斗 (鶴田公紀)
樹木希林 (清水房江)
柄本明 (石橋佳男)

原作・脚本: 吉田修一

音楽: 久石譲



story:長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、以前出会い系サイトでメールをやりとりしていた馬込光代という女性と会うことに。ホテルでお互いを求めあった後で、祐一は光代に佳乃を殺したことを告白するのだが…。



■監督は、「フラガール(2006)」の李相日

■原作・脚本を手掛けたのは、1997年「最後の息子」で文學界新人賞を受賞しデビュー。2002年に発表した『パレード』にて、山本周五郎賞受賞。同年2002年発表の『パーク・ライフ』にて芥川賞を受賞した吉田修一。

■主演の清水祐一役は、「ジョゼと虎と魚たち (2003)」、「涙そうそう (2006)」、「ザ・マジックアワー (2008)」の妻夫木聡

「ウォーターボーイズ (2001)」から一躍人気を得て、爽やかな笑顔が印象的な好青年のイメージで売って来た彼が、「ノーボーイズ,ノークライ (2009)」では、今までの清純派好青年のイメージから脱却を図った感がある妻夫木聡でしたが、本作では、さらにそこからステップアップして、幼少の頃に受けた心の傷を抱えたまま心の闇を引きずって生きて来た深い深層心理に起因する、ダークな人間像を淡々と見事に演じきっていました。

■共演の馬込光代役は、「踊る大捜査線 THE MOVIE (1998~2010) 」シリーズ、「博士の愛した数式 (2005)」の深津絵里

妻夫木聡とは「ザ・マジックアワー (2008)」以来の共演ですね。深津ちゃんと言えば何と言っても国民的人気映画「踊る」シリーズが代表作ですが、「博士の愛した数式 (2005)」では、事故で記憶障害を負った数学博士との温かな心の交流を描いた子持ちの家政婦役を、しみじみとした温かさで好演していたのが印象的でした。

本作では、家と職場を行ったり来たりするだけのまじめで地味な性格のOLから、たまたま出会い系で連絡を取って出会ってしまった男を愛した事によって、一日でもいいから一緒に居たいと大胆にも一緒に逃げて欲しいと願ってしまう女を好演していました。



私たちは、日々ニュースで見るような凶悪な事件の裏側で起こっているさまざまな出来事や事実を知らずに、こんなひどい事をする犯人は、どんなに凶悪な人間なんだろうと、結果だけを見て決めつけてしまっていると思います。

どんなに凶悪な犯人だって、人間は初めから悪人で生まれてくる人はいないのだと考えさせられるのです・・・

人間には天使と悪魔の心が常に存在して、育って来た環境とか、さまざまな運命に翻弄されることによって、人生が突然変わってしまう危険性があると言う事は、決して人事ではないような気がしました。

年寄りなど弱者を平気で騙す詐欺を生業としている社会の悪、自分の子供を置き去りにして捨てる悪、自分の思うようにいかないストレスを子供や年寄りなどの弱者にぶつける虐待などの悪、また法の下では裁けない、平気で周りの人を傷つけているのに気が付けない自分勝手な悪、裕福で我儘に育てられて人を人と思わない傲慢な悪、知る権利がエスカレートした結果、身内が犯してしまった罪の謝罪を得るため家族を追い詰める行き過ぎた報道の悪・・・

世間には、大小を問わず法の下裁けない本人が知らずに結果的に犯してしまっている悪が、少なからずあるのかもしれない。

自分が悪気もなく何気なくした事や言ったりした事で、誰かを傷つけたりする事って、きっとあるのだろうなとも思う。


主人公の祐一は、一見どこにでもいる青年。

しかも、大人しいけれど不平も言わずに育ての親である祖父母の面倒も見る健気な青年だった・・・・

そんな彼の運命を狂わせてしまったのは、ある意味、二人の身勝手な女だったのかもしれない・・・

彼が最期に取った行動において、賛否両論があるかと思いますが、私には、彼の光代に対する最大の愛だったのではないかと思った。


ラストに言った光代の台詞で、一途な女光代の性格を知った上での祐一の思いやりが実った瞬間だったと・・・
出会う順番が違っていたら・・・そう悲しく感じた。




ただ、それだからと言って、昨今ニュースを賑わす事件の凶悪犯人がすべてそうだとも思えない。
身勝手な理由で、なんの罪もない人の人生が絶たれたり、狂わされたりすることって、やはり許されるべきものとは思えない。


世の中の全部の事が本作のようなものに当てはまるとは思わないが、きっと、こんな悲しい運命に転落してしまう不幸は存在するのだろうなと考えさせられた。




因果応報な部分もあるのかもしれない、何が悪くて、誰れが悪くて・・・・



robanosocksはtwitterしています♪



  




悪人(サントラ)悪人(サントラ)
(2010/09/01)
久石譲福原美穂

商品詳細を見る


妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]
(2010/08/25)
妻夫木聡深津絵里

商品詳細を見る


悪人 シナリオ版 (朝日文庫)悪人 シナリオ版 (朝日文庫)
(2010/08/06)
吉田 修一李相日

商品詳細を見る



悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

◆宇宙ショーへようこそ  #eiga #movie #cinema

utyushow_20100502155114.jpg

2010年6月26日公開 公式HP

監督: 舛成孝二

原作: ベサムーチョ

声の出演: 黒沢ともよ (小山夏紀)
生月歩花 (鈴木周)
鵜澤正太郎 (佐藤清)
松元環季 (西村倫子)
吉永拓斗 (原田康二)
藤原啓治 (ポチ・リックマン


世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門にノミネートされた作品です。

4歳以上を対象11人の子供の審査員によって最優秀賞が選ばれる「Generation Kplus」と、14 歳以上を対象7人の子供の審査員によって最優秀賞が選ばれる「Generation 14plus」の2つに分かれており、映画『宇宙ショーへようこそ』は、「Kplus」での出品になるとの事です。


story:美しい自然に囲まれた小さな村・村川村を舞台に、村の5 人の子供たちが、ひょんな出会いをきっかけに経験する、ひと夏、人類初!?の冒険を描く。


5月12日に鑑賞してからずいぶん経つのですが・・・・

監督さんとプロデューサーさんのトークショーがあり、監督さんは、ベルリンではお子様たちに大絶賛されてうれしかったとおっしゃっておられました。もし日本で受け入れられなかったら、みんなでベルリンに行くしかない(笑)などのジョークで笑わせていらっしゃいました。

っという事で点数を付けるのは控えました。


鑑賞前に周りを見渡したら、ほとんど中高生と親子言う感じな年齢層でした。確かに作品の内容は小さなお子様にも受けいれられやすい良質の内容でしたし、ストーリーの中に込められるメッセージもしっかりした内容でした。

一番びっくりしたのは、私は、比較的お子様向けの内容のアニメーションかなと感じたのですが、鑑賞後には高校生ぐらいな感じの男の子が口々に「ことのほか良かった!」と口ぐちに目を輝かせて語っていた姿が多かった事です。

日本のティーンもまだまだ純粋で素敵だな~っと思いました。

小さなお子様と家族で、中高生のお友達同士で観に行くのにちょうど良い作品です。

とにかく、周ちゃんがとってもかわいかったです~



robanosocksはtwitterしています♪



  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

インセプション/Inception 公式トレイラー&最新ポスター #eiga

Are You Ready?

レオナルド・ディカプリオの公式twitterが公開した最新トレイラー&ポスターです。

渡辺謙も需要な役どころで出演しています。要チェック!!

Inception



blogの幅が狭いので小さくしてありますので、見にくい方は直接サイトでどうぞ
    ↓  ↓

インセプション最新トレーラー


US公式HP 日本公式HP

「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督・脚本によるワーナー・ブラザースの新作
深層心理を掘り下げたSFスリラー

「インセプション/Inception(発端?)原題」

キャスト

レオナルド・ディカプリオ・・・(コブ)
渡辺 謙・・・(サイトウ)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット・・・(アーサー)
マリオン・コティヤール・・・(メル)
エレン・ペイジ・・・(アリアダイン)
トム・ハーディ・・・(イームス)
キリアン・マーフィー・・・(フィッシャー)
トム・ベレンジャー・・・(ブロウニング)





レオナルド・ディカプリオの主演に加え、クリストファー・ノーラン監督とは「バットマン・ビギンズ」に続きオファーされた渡辺謙がラーズ・アル・グールにも勝る悪役に抜擢され、アカデミー賞脚本賞を受賞した「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジ、アカデミー賞主演女優賞を受賞した「エディット・ピアフ/愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、」、「バットマン」シリーズでスケア・クロウを演じたキリアン・マーフィなど個性派キャストが勢ぞろい!!。


渡辺謙の役は、「主人公になかば強制的に仕事を依頼する作品のカギを握る重要な役。」




クリストファー・ノーラン監督は、「今作の彼の演じた役は、実は脚本執筆の段階からケンをイメージして書いた。強大な影響力を持った巨大企業のトップの役を力強く演じてくれた」と言及し、役どころの一端を明かした。(eiga.comより)」





robanosocksはtwitterしています♪


人気ブログランキングへ 

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

◆運命のボタン/The Box 50点 #eiga #movie #cinema

thebox.jpg


監督・脚本・製作:
リチャード・ケリー

出演: キャメロン・ディアス ノーマ・ルイス
ジェームズ・マースデン アーサー・ルイス
フランク・ランジェラ アーリントン・スチュワード
ジェームズ・レブホーン
ホームズ・オズボーン

原作: リチャード・マシスン


リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化

story:1976年12月16日、朝5時45分、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。しかし、妻のノーマが出ると、そこには誰もおらず、ひとつの四角い箱が置かれているだけだった。そして、夫のアーサーがその箱を開けると、中には赤いボタンが付いた奇妙な木製の装置が入っていた。午後5時、夫妻宅にアーリントン・スチュワードと名乗る男が訪ねてくる。男は夫妻に、赤いボタンを押せば2つのことが起きると告げる。第1にどこかで見知らぬ誰かが死に、第2に現金100万ドルが夫妻のものとなる。決断の期限は24時間。経済的に追いつめられていた2人は、やがて葛藤の末に、ついにボタンを押してしまうのだったが…。

■監督は、「ドミノ」の原案・脚本を担当した、実質日本公開映画は本作が初お目見えとなるようです。

■ノーマ・ルイス役は、「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」、「イン・ハー・シューズ」、「ホリデイ」のキャメロン・ディアス。「私の中のあなた」では、白血病の娘を救うために遺伝子操作でドナーとなるべく子供を産む母親役を演じていました。

■アーサー・ルイス役は、「X-メン」シリーズのスコット、「魔法にかけられて」ではエドワード王子役、「幸せになるための27のドレス 」でケビン・ドイルを演じています。

■アーリントン・スチュワード役は、「フロスト×ニクソン(2008)」でリチャード・ニクソンを演じた、フランク・ランジェラ。「スーパーマン リターンズ」でケイト・ボスワース演じるロイス・レインのボス役でした。


unmeinob.jpg

鑑賞後に押して帰ってくださいって言われたのですが、シャメだけで帰ってきました(笑)

1970年に書かれた小説をどの程度忠実に描いたのか、小説は読んでいないのでわりませんが、ストーリー展開に少々古さを感じました。

せっかくキャメロン・ディアスを起用した以上、ある程度のレベルは期待して当然だと思っていたのですが、途中まではサスペンススリラーなのかホラー紛いなのか・・・っと、意味不明な展開が前半を占め、面白いのかどうかはかりかねるだらだら感がちょっと微妙・・・

中盤を過ぎるころから、大体の先が見え始め、SF的展開を期待し始めた私をパタリと裏切ってくれる後半には意気消沈させられました(笑)だって、NASAとか出てきて宇宙に行く夢を語りだした前半はなんの伏線も持っていなかったということになってるし・・・・

結局これって・・・クリスマスに公開されればよかったのね・・っという感想が私の中でピッタリ。

いわばディズニーで言うところのスクルージ?の世界、もしくはグリム童話の世界を現代版にしたら?っていう感じです。

因果応報、こういうことをするとこうなっちゃうのよね~。みたいな宗教的意味合いが色濃いですね。

古い小説を原作として映画化するにしても、もっと感覚的に新しい展開や面白い要素を入れててほしいですね、せっかくキャメロン・ディアスが演じるんですもの。

なんの要素もまとまりがなくて、効果的に伝わってこない・・・こんな作品も珍しいです。



robanosocksはtwitterしています♪



  


ドミノ [DVD]ドミノ [DVD]
(2006/04/01)
キーラ・ナイトレイミッキー・ローク

商品詳細を見る


イン・ハー・シューズ [DVD]イン・ハー・シューズ [DVD]
(2008/10/16)
キャメロン・ディアストニ・コレット

商品詳細を見る


ホリデイ 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ホリデイ 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ジャック・ブラックケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る


私の中のあなた [DVD]私の中のあなた [DVD]
(2010/02/19)
キャメロン・ディアスアビゲイル・ブレスリン

商品詳細を見る


魔法にかけられて [DVD]魔法にかけられて [DVD]
(2010/03/17)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る


フロスト×ニクソン [DVD]フロスト×ニクソン [DVD]
(2009/08/21)
フランク・ランジェラマイケル・シーン

商品詳細を見る


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

◆アリス・イン・ワンダーランド /Alice in Wonderland 70点

アリス
2010年4月17日公開 公式HP

監督: ティム・バートン

出演: ミア・ワシコウスカ (アリス)
ジョニー・デップ (マッドハッター)
ヘレナ・ボナム=カーター (赤の女王・イラスベス)
アン・ハサウェイ (白の女王・ミラーナ)
クリスピン・グローヴァー (ハートのジャック)
マット・ルーカス (トウィードルダム/トウィードルディー)


声の出演:
アラン・リックマン (芋虫のアブソレム)
マイケル・シーン (白うさぎ・マクトウィスプ)
スティーヴン・フライ (チェシャ猫)
ティモシー・スポール (ベイヤード)
ポール・ホワイトハウス (三月うさぎ)
バーバラ・ウィンザー (ヤマネ・マリアムキン)
クリストファー・リー (ジャバウォッキ)
マイケル・ガフ


原作: ルイス・キャロル
『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』


story:子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。白うさぎをはじめこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、アリスこそが年代記が予言する救世主だったのだ。そして、そんなアリスを誰よりも待ちわびていたのが、赤の女王への復讐を誓う謎多き男マッドハッターだったのだが…。


2D時代から3D時代への転換期である今、3Dで鑑賞できる劇場が限られている現状で、混みに混んだ公開初日にやっとゲットした2つだけ空いていた最前列の端のお席でチャリチョコを見た時、画面の歪みと首が異常に疲れて懲りた経験を踏まえ、公開から3日を避け平日での鑑賞を敢行した今回。

たまたまTOHOシネマズ六本木で行われた午前中の試写会のちょうど1時間後の回を予約して、ランチをゆっくり食べてから、超絶好のタイムロスのない充実したひと時を過ごし、満を持してやっと楽しみにしていたアリス・イン・ワンダーランド を鑑賞しました。

結論から言うと、ルイス・キャロルの原作やアニメ版「不思議の国のアリス」のファンとしては、あまりストーリーにこだわってはいけないなということです。

ほとんど、マッドハッターや赤の女王、チェシャ猫など、それぞれのキャラクターの個性の魅力とティム・バートンの独特の世界観と3D映像を純粋に堪能するに尽きる出来栄えという感じですね。

確かに、お金がかかってる映像は美しく、ファンタスティックで、夢にあふれています。

だけどなんだろ・・・ストーリーが面白くない・・・・


ほんとは、最初に字幕版3Dで鑑賞して、次に3D吹き替え版で鑑賞して、2Dでも観たいなと思っていたのですが、もういいやという感じでした。前売り特典目当てに買ってあった鑑賞券もちょっと持て余し気味(笑)

もちろんお洒落なエンドクレジットの画とか、マッドハッターがまるですぐそこにいて、手を伸ばせば触れられるような3Dならではのわくわく感とか、突然飛んでくるものを一瞬よけようとした恥ずかしい自分がいたり(笑)、赤の女王が豚をフットレストにしてる傍若無人ぶりとか、発想がさすがティムという感じで楽しかったですが、一回見たらもういいかなと終わってすぐ思ってしまうのは、映画の作品としては致命的・・・

それでも、ジョニー・デップとかティム・バートンのネームバリューと各キャラクターの面白さやかわいさだけで集客はできる作品ではありますね。そういう意味を含めて70点つけました・・・

ただ、後に残るものが少なかった・・・・

お洒落な映画ね・・・・って思っただけなんだよね~



robanosocksはtwitterしています♪



  


ALiCE IN WONDERLaNDALiCE IN WONDERLaND
(2010/04/14)
サントラ

商品詳細を見る


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。